LIVE QR

LIVE QR 顔写真登録ガイド

適切な写真の撮影の仕方

ご本人様と判別できるように撮影してください。
入場時にご本人様確認ができない場合はご入場いただけませんのでご注意ください。
  • カメラ起動時に表示される丸枠のなかに
    顔が収まるように撮影してください。
  • 証明写真と同様に正面を向いた状態で
    一人で撮影してください。

LIVE QRアプリ内で起動されるカメラ(インカメラ)でのみ
撮影可能です。その他カメラアプリのご利用はできません。

適切な顔写真イメージ

不適当な写真の例

向き/目線
  • 正面を向いていない

  • カメラ目線ではない

  • 目が閉じている

  • 顔が左右に傾いていたり、斜めに撮影されている

装飾
  • メガネのフレームが目にかぶっている

  • メガネに光が反射している

  • メガネが大きく、顔を覆う面積が大きい

  • 髪で目元が隠れている

  • 顔の輪郭が隠れている

  • サングラス、帽子、マフラーなどを着用している

  • マスク等で顔が隠れている

  • 過度なメイクやヘアセット、装飾品をつけて撮影している

ポージング/被写体
  • 手で顔が隠れている

  • 普段の表情と著しく異なる表情で撮影されている

  • 背景に影や物が写り込んでいる

  • 本人以外が写り込んでいる

照明/画質
  • 逆光で顔に影がかかっている

  • ピントがずれている

  • 写真がぶれている

  • 顔に影があり暗くなっている

  • 事前に撮影した写真を撮影して登録している